8log

なんでも書くよ

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  SypeIDが乗っ取られるの巻 

ついさっき

「Microsoftアカウントのセキュリティ情報が削除されました」

といったなんか怖そうなメールが届きました。

ちなみに内容はすぐにはなんの事だか全くわからなかったのですが

「~@163.com(中国のフリーメールらしい)」のアカウントのセキュリティ情報から

自分のメールアドレス(上のメールを受け取ったメールアドレス)が削除された

というもので、これだけ見ると一体なんの事やらさっぱり。

一瞬スパムかなと思い、とりあえず同じようなメールを受け取った人がいないかぐぐっていると

これSkypeID(今はMicrosoftのサービスになってるぽい)の情報から

自分のメールアドレスの情報が削除されたといった感じのメールらしいです。

つまり第三者に私の情報を削除されたと。

実際にはSkypeだけの話ではないのかもしれませんが

まぁ中国のだれかさんにのっとられたわけですね、簡単にいうと。



正直Skypeとかもう何年も使ってないというか

まだアカウントあったの?レベルだったのでどうしようかと思ったのですが

このままよくわからない事に使われるのも嫌だし

実は別のサイトで同じIDとパスワードを使っていたりするのでは?とかが怖いというのもあったり

まぁとりあえずどうにかせんとなという事で

おそるおそるログインの為パスワードを入力すると(パスワードはテキストファイルにて管理)

これじゃないよと怒られます。

パスワードのリセットをしようとすると

上記の知らない「~163.com」にリセットの情報が送られそうになったので

そうならないように選択肢を選んでいき、

画面上で覚えている限りの自分の情報を入力してアカウントの復元依頼をしたのですが

「この情報だけではあなたがIDの持ち主とはいえませーん」

といった内容のメールが返って来てしまいました。

とにかく思い当たる限り何度も上記の作業で自分の情報を入力、復元依頼をだす

を繰り返しましたが、とうとう

「アカウントの復元要求回数が上限に達しました~24 時間後にもう一度やり直してください。」

と言われてしまいました。



落胆しながら、いろいろぐぐっていると

どうやらいくつかの自分の情報は、自分がSkypeで使用していたPCの中に

DBとして残っていたようで。

これらを取り出してとりあえず明日またチャレンジしようと思います。

ちなみに以下を参考
Skypeアカウントを乗っ取られたときの顛末

これでも多分だめなんだろうなー

あ、ちなみに中身見る時はめんどくさかったのでDB Browser for SQLiteをインストールして

それで確認しました。
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。